家庭教師の変更ができなかった

小中学校、高校、大学などの受験勉強や普段の授業のフォローアップのために家庭教師を雇うというのは、子供にとって自分向けの教育を受けることができるとともに、一対一でのコミュニケーション能力を付けることができるためとてもよい教育方法です。優秀な家庭教師を派遣してもらうためにその派遣会社に依頼をすると面接を経て家庭教師を雇うことができますが、この規定について会社によって様々な違いがあります。まず、面接の時点で何人まで面談を行ったり、体験授業をしてもらったりすることができるかということが違います。中にはこの時点で変更ができない代わりに、後になっていつでもトラブルが生じれば変更可能という場合もあります。家庭教師を採用した後の変更についても規定が様々に異なります。無料で何回までなら交代してもらうことができるというシステムの場所もあれば、一度採用した場合には、解雇するしか選択肢はなく、新たに仲介手数料を払って別の家庭教師を捜さなければならない場所もあります。このように、会社によって家庭教師の変更の規定が異なることから、子供あるいは両親と家庭教師の間でトラブルが発生したり、相性が悪いと判断された際にそれを別の人に変えてもらうことができなかったということが今度は雇い主と派遣会社間のトラブルの元となっています。そのようなトラブルを避けるためにも、試用期間、採用後について家庭教師を変えたい場合にはできるのかどうかということは実際に派遣を申し込む前、そして念のため採用を行う前にも確認をとっておくことが無難な方法です。しかし、その内容を雇おうとしている本人に聞くのはあたかも解雇する気があることを示しているようで気が引けてしまうところがあるかもしれませんので、そういった場合には派遣会社に直接電話で問い合わせるのが波風が立たずに良い方法でしょう。そうすることで万が一の際のトラブルを避けることができるのです。

このページのトップへ